アドラー心理学子育て講座

【うちの子が褒められたら、受け取り上手になりましょう!】

【うちの子が褒められたら、
受け取り上手になりましょう!】

 

昨日のメルマガに、

またまた、

感想いただきました。

寝る前に

お子さんへの

ヨイだし!

をするとホッコリ気持ちが暖かく

なるお話を書いたのですが、

 

受講生さんは、

受講生さん同士で

ヨイだしをするので、

 

気持ちがじんわり温かくなることをご存じです。

だから、

お子さんにヨイだしをすると

どんな効果があるのかも

よーくわかっています。

 

でもねでもね、

あわただしい毎日を送っていると

それを忘れてしまう時があります。

 

ダンナさんに言われた一言が

引っかかって、

お子さんを信頼できなくなったり、

 

ママ友の話を聞いて、

自分のお子さんと比べてしまって、

 

「うちの子ダメなんじゃないか。。。」

 

って気になってしまって、

 

「なんでできないの?」

 

とついつい強い口調になってしまうことがあります?

 

実はこれ、

私もありました。

 

だから、不安になって

 

子どもにあたるあたる(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

 

私は、

なかなか我に返ることができませんでしたが、

 

受講生の方が、

そんな時に、

どろんこメールを読んでくださって、

 

最近ヨイだしをしてない!

 

ということに気が付いてくれました。

 

昨日の夜は、

お子さんもママも

ゆっくり眠れたかな。

 

そうだと嬉しい♡

 

 

 

∵∵∵∵∵∵∵∵

それでは、

本日のメルマガ

スタート!

∴∴∴∴∴∴∴∴

 

「お宅のお子さんほんとにしっかりしてますねー」

 

そういわれたら、

 

あなたは、

どう答えていますか?

 

「そんなことないのよ!

うちではだらしなくって!」

って、

言っていませんか?

 

日本人は、

謙遜が美徳✨

 

という文化があるかもしれません。

 

でもね、

 

特に

 

お子さんの前で

 

お子さんのヨイだしを

していただいたら、

ぜひ

 

受け取り上手

 

に、なって

 

「うわー嬉しい💖

ありがとう!」

って、お返事してみてください。

 

だってね、

あなたが、ダンナさんの

同僚の家に呼ばれたときに

 

「うちの妻は、料理が下手でね。。。

〇〇さんがうらやましいですねえ」

 

なんて、言われたらどうですか?

 

絶対家帰ってから

機嫌が悪くなりませんか?

 

それと同じで、

お子さんも

あなたが、ママ友からの言葉を

 

謙遜は美徳✨

 

によって

否定してとらえると、

 

ママは、私のことダメな子って思ってるんだ。。。」

 

そして、

ママは、….

ではなくって、

 

私は、ダメな子なんだ。。。」

 

って変換して、

その言葉を毎日、何千、何万回と

唱えてしまうことになります。

 

そうすると

自信が芽を出すには、

かなり時間がかかるでしょう。

だって、

 

「自分はダメだ」

って、思い込んでいるのですから。

 

それは、40才、50才になっても

続きます。

いつか自分で気が付いて、

自分のリュックから取り出さない限り。。。

 

私も、

娘にやっちゃってました。

 

謙遜した私の言葉を聞いて、

ばつの悪そうな顔をしている娘。。。

 

ごめんよ――――――(T_T)/~~~

 

自慢してる

 

って思われたくなかったんだよー!

 

自分とママ友との関係を守るより、

あなたの自信を育てる方が

大事だったよ。

 

そんなこと誰も教えてくれなかったんだ。。。

 

今となれば、

それも言い訳。

 

自分で、学ぼうと思えば、

子育ては学べたなって。

 

毎日練習すればよかったなって、

思ったよ。

 

いつから始めたって遅くないと思ったから、

 

16年もたってから始めたよ!

 

娘よ!

これから自信つけていこう💖

 

というわけで、

あなたには、私のように遠回りはせずに、

 

「受け取り上手」

 

ぜひ

チャレンジしてみてくださいね✨

いつも、

あなたを

応援してます!

 

参考にしていただけますと

嬉しいです♡

 

今日も

最後までお読みいただき、

ありがとうございます。

 

 

電話・メール初回無料相談について

一人で悩まず一緒に解決していきましょう

どろんこごろごろはドイツのデュッセルドルフを中心に訪問セラピー犬と一緒に子どもの不登校やいじめ、ママやパパの育児相談を行っております。
電話またはメールでの初回相談は無料で行っております。1人で悩まずにいつでもご連絡ください。

無料相談してみる